1. トップ
  2. 商品一覧
  3. エディアカラ生物
  4. ディッキンソニア007

SOLD OUT

120,000円(税込)

セール対象外

ディッキンソニア007

ディッキンソニア007
  • ディッキンソニア007-1
  • ディッキンソニア007-2
  • ディッキンソニア007-3
  • ディッキンソニア007-4
  • ディッキンソニア007-5
  • ディッキンソニア復元図

種名:Dickinsonia minima
時代:先カンブリア時代エディアカラ紀
産地:White Sea, Russia

 エディアカラ生物ディッキンソニアの化石です。ロシアの白海産,先カンブリア時代のものです。
 エディアカラ生物は,古生代が始まるの直前の時代,エディアカラ紀(約6億3500万年前〜約5億4100万年前)に生きていた生物です。全て軟体性で,現在の分類には当てはまらないとされることが多いです。
 白海からは,エディアカラ生物群を代表する,多様な浅海性の化石が産出します。
 ディッキンソニアは,植物でも動物でもないベンド生物であると考えられています。体長は大きいもので1メートルを超えるエディアカラ紀最大級の生物です。体の左右に溝が伸びていますが,その溝は体の中心線を境にずれており,現在の左右相称動物とは異なる体のつくりをしています。体の前方は膨らんでいたと考えられています。上の最後の画像はディッキンソニアの復元図です。
 この標本は、ディッキンソニアの形がよく残った良質なもの。輪郭はもちろん、細かい溝も1本1本しっかり確認できます。さらに、大きい個体から少し離れたところに小さい個体もあります。素晴らしい逸品です。
 大きい個体の体長約2.9cm。

※この商品は,セール対象外です。

在庫:
数量: