1. トップ
  2. 商品一覧
  3. 棘皮動物
  4. アスコシスティテス002

SOLD OUT

39,800円(税込)

セール対象外

アスコシスティテス002

アスコシスティテス002
  • アスコシスティテス002-1
  • アスコシスティテス002-3
  • アスコシスティテス002-6
  • アスコシスティテス002-4
  • アスコシスティテス002-5
  • アスコシスティテス002-2

種名:Ascocystites drabowensis
時代:古生代オルドビス紀後期
産地:Izegguirene Formation, Bou Nemrou, Morocco

 きれいなエオクリノイドの化石です。モロッコ産、古生代オルドビス紀のものです。
 エオクリノイドは最初に茎をもった棘皮動物です。茎の上にがくがあり、そこから多数の触手が伸びた、ウミユリに似た形をしていました。
 アスコシスティテスは、縦に細長く伸びたがくをもったエオクリノイドです。
 この標本にはアスコシスティテスが何体も入っています。中には、茎の上に幾何学的な多角形のプレートで構成された細長いがくがあり、その上に何本もの触手が伸びた様子がよくわかる個体もあります。良質な逸品です。
 母岩の幅約21cm。

 非常に良質な逸品ですので,お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。

在庫:
数量: