1. トップ
  2. 商品一覧
  3. 棘皮動物
  4. マクロクリヌス005

11月16日(月)まで! 良質!

88,000円(税込)

セール対象外

マクロクリヌス005

マクロクリヌス005
  • マクロクリヌス005-1
  • マクロクリヌス005-2
  • マクロクリヌス005-3
  • マクロクリヌス005-5

種名:Macrocrinus mundulus
時代:古生代石炭紀前期
産地:Edwardsville Formation, Montgomery County, Indiana, U.S.A.

 きれいなウミユリの化石です。アメリカ合衆国インディアナ州産、古生代石炭紀のものです。
 ウミユリは「ユリ」という名前が付いていても植物というわけではなく,ウニやヒトデと同じ棘皮動物です。ウミユリの体は,花びらのような腕,がく,茎からなり,ユリに似た姿をしていることから,この名がつけられました。ウミユリは古生代から現在まで,形をあまり変えずに生きているので,「生きた化石」と呼ばれています。
 この標本はマクロクリヌスです。がくから上に向かって太く長い管が伸びています。この管の先には肛門が付いていました。自分の排せつ物を食べないように、この長い管を使って肛門を水流の下流の方に向けていたと考えられています。この標本ではその管がとてもよく残っています。また、がくや腕、腕の内側に伸びた多数の細い枝、茎もしっかり確認できます。良質な逸品です。
 長さ約8.1cm。

 この標本はギャラリー所蔵の標本ですが、標本整理のため3週間限定で販売いたします。3週間以内にお嫁入りしなかった場合は、引き続きギャラリーで所蔵いたします。
 なお、お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。

※この商品は,セール対象外です。