1. トップ
  2. 商品一覧
  3. 棘皮動物
  4. プラティクリニテス003

きれいな腕

69,800円(税込)

プラティクリニテス003

プラティクリニテス003
  • プラティクリニテス003-1
  • プラティクリニテス003-3
  • プラティクリニテス003-4
  • プラティクリニテス003-2

種名:Platycrinites sp.
時代:古生代石炭紀前期
産地:Muldraugh Formation, Borden Group, Montgomery County, Indiana, U.S.A.

 大きく広がった腕をもつウミユリ、プラティクリニテスです。アメリカ合衆国インディアナ州産、古生代石炭紀のものです。
 ウミユリは「ユリ」という名前が付いていても植物というわけではなく,ウニやヒトデと同じ棘皮動物です。ウミユリの体は,花びらのような腕,がく,茎からなり,ユリに似た姿をしていることから,この名がつけられました。ウミユリは古生代から現在まで,形をあまり変えずに生きているので,「生きた化石」と呼ばれています。
 プラティクリニテスは、8本に枝分かれした腕を5本もつウミユリです。それぞれの枝からは、さらに細かい枝が出ていました。この標本では、その腕がとてもきれいに残っています。腕が広がりながら枝分かれしている様子もよくわかりますし、細かい枝もしっかり確認できます。さらに、多角形のプレートで構成されたがくもよくわかります。きれいな逸品です。
 母岩の幅約11cm。