1. トップ
  2. 商品一覧
  3. 棘皮動物
  4. ウインタクリヌス001

レア! 茎がないタイプ

59,833円(税込)

ウインタクリヌス001

ウインタクリヌス001
  • ウインタクリヌス001-1
  • ウインタクリヌス001-4
  • ウインタクリヌス001-2

種名:Uintacrinus socialis
時代:中生代白亜紀後期
産地:Smoky Hill Chalk, Niobrara Formation, Logan County, Kansas, U.S.A.

 茎がないタイプのウミユリの化石です。アメリカ合衆国カンザス州産、中生代白亜紀のものです。
 ウミユリは「ユリ」という名前が付いていても植物というわけではなく,ウニやヒトデと同じ棘皮動物です。ウミユリの体は,花びらのような腕,がく,茎からなり,ユリに似た姿をしていることから,この名がつけられました。ウミユリは古生代から現在まで,形をあまり変えずに生きているので,「生きた化石」と呼ばれています。
 ウインタクリヌスは、茎をもたないタイプのウミユリです。腕は長く、がくは丸いボールのような形をしています。長い腕を横に伸ばして海底に横たわっていたと考えられています。
 この標本ではがくが2個確認できます。1個は特によく残っており、プレートの1つ1つやがくから伸びた腕がよく確認できます。きれいな逸品です。周りを石膏で補強されています。
 石膏も含めた全体の長さ約10.3cm。

 レアで良質な逸品ですので,お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。