1. トップ
  2. 商品一覧
  3. 棘皮動物
  4. ウニ001

構造よくわかる

HOLD

セール対象外

ウニ001

ウニ001
  • ウニ001-1
  • ウニ001-2
  • ウニ001-3
  • ウニ001-4

種名:Dorocidaris taouzensis
時代:中生代白亜紀後期
産地:Taouz, Morocco

 きれいなウニの化石です。モロッコ産、中生代白亜紀のものです。
 ウニの体には、管足が出る歩帯と管足が出ない間歩帯とがあります。この標本ではその歩帯と間歩帯がよくわかります。小さな穴が縦に並んでいる部分が歩帯、丸い出っ張りが並んでいる部分が間歩帯です。生きていた時は丸い出っ張りにトゲがついていました。また、ウニは同じ構造が5方向に並んだ5放射相称の対称性をもっています。この標本でも歩帯と間歩帯がそれぞれ5つずつあります。ウニの構造がよくわかるきれいな逸品です。
 長径約2.3cm。

 この標本はアクリルの台座に接着剤で固定されています。

在庫:
数量: