1. トップ
  2. 商品一覧
  3. その他の化石
  4. ベックウィジア002

良質! 三葉虫を食べていた節足動物

450,000円(税込)

セール対象外

ベックウィジア002

ベックウィジア002
  • ベックウィジア002-1
  • ベックウィジア002-2
  • ベックウィジア002-3
  • ベックウィジア002-5
  • ベックウィジア002-4

種名:Beckwithia typa
時代:古生代カンブリア紀後期
産地:Weeks Formation, Millard County, Utah

 いくつもの節に分かれた体をもつ節足動物,光楯類(アグラスピス類)「ベックウィジア」です。アメリカ合衆国ユタ州産,古生代カンブリア紀のものです。
 アグラスピス類は,いくつもの節に分かれた体をもち,尾部からは長いトゲの伸びた節足動物です。三葉虫に似た姿をしていますが,カブトガニの祖先に近縁だと考えられています。また,三葉虫を捕食していた生物として有名です。アグラスピス類の化石は非常に珍しいです。
 この標本は,アグラスピス類の形が良く残っています。頭部の形がきれいに残り,先端の少し膨らんだ部分や眼もしっかり確認できます。また体の節の1つ1つがはっきり残っていますし,尾部から伸びたトゲも一部ではありますが,確認できます。良質な逸品です。
 頭部の先端からトゲの曲がった部分まで約6.2cm。

 非常にレアで良質な逸品ですので,お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。

※この商品は,セール対象外です