1. トップ
  2. 商品一覧
  3. その他の化石
  4. エリミア003

巻貝びっしり!

9,646円(税込)

エリミア003

エリミア003
  • エリミア003-1
  • エリミア003-2
  • エリミア003-3
  • エリミア003-4
  • エリミア003-5

種名:Elimia tenera (Goniobasis tenera)
時代:新生代古第三紀始新世前期
産地:Laney Member, Green River Formation, northwestern Colorado, U.S.A.

 きれいな巻貝の化石です。アメリカ合衆国コロラド州産、新生代古第三紀始新世のものです。
 Green River Formationは新生代古第三紀暁新世〜始新世(約6000万年前〜約3400万年前)に湖だった地層です。この標本は、約5100万年前から約4900万年前に堆積した地層から採集されたもの。母岩と中に入っている巻貝の両方が玉髄で置換されています。さらに、表面が平らにカットされきれいに研磨されています。茶色い母岩と白い巻貝のコントラストがきれい。母岩にびっしり入入った巻貝の断面の形はカットされた位置によって1個1個違います。面白い逸品です。
 母岩の幅約14.5cm。
 何か所か割れが接着補修されています。

 この標本と同じような岩石は"Turritella agate"と呼ばれ、ジェムとして扱われてきました。しかし実際には、中に入っている巻貝は海に棲むTurritellaではなく淡水に棲む種類ですし、岩石を構成する鉱物もメノウではありません。中に入っている巻貝の名前はElimiaとされる場合とGoniobasisとされる場合の2通りあり、どちらの名前が有効かは決着がついていないようです。