1. トップ
  2. 商品一覧
  3. その他の化石
  4. プルムリテス006

SOLD OUT

29,800円(税込)

セール対象外

プルムリテス006

プルムリテス006
  • プルムリテス006-1
  • プルムリテス006-2
  • プルムリテス006-3
  • プルムリテス006-4
  • プルムリテス006-5
  • プルムリテス復元図

種名:Plumulites bengtsoni
時代:古生代オルドビス紀前期
産地:Fezouata Formation, Bou Izargane, Morocco

 殻をもった奇妙な環形動物プルムリテスです。モロッコ産、古生代オルドビス紀のものです。
 Fezouata Formationからはカンブリア紀のバージェス頁岩のように軟体部が保存された化石が多数産出しています。アノマロカリス類をはじめ、バージェス頁岩動物に似た化石も多く発見されており、バージェス頁岩タイプの動物がカンブリア紀中期以降も生きていたことを示す重要な地層です。
 プルムリテスは背中に殻を背負った珍しい形をした環形動物です。体はいくつもの節に分かれ、背中には内側と外側とが一対となった殻を背負っています(上の最後のイラストはプルムリテスの復元図です)。プルムリテスが含まれる小刀類は長い間どの分類群に属するかわかっていませんでしたが、2010年にプルムリテスの軟体部が保存された化石が発見されて初めて、環形動物であることがわかりました。
 この標本では体の大部分がよく残っています。殻の1枚1枚の形がよくわかり、殻の溝もしっかり確認できます。良質な逸品です。
 長さ約6.4cm。

 レアで良質な逸品ですので,お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。