1. トップ
  2. 商品一覧
  3. その他の化石
  4. サルコスクスの鱗板骨001

SOLD OUT

8,980円(税込)

セール対象外

サルコスクスの鱗板骨001

サルコスクスの鱗板骨001
  • サルコスクスの鱗板骨001-1
  • サルコスクスの鱗板骨001-3
  • サルコスクスの鱗板骨001-2

種名:Sarcosuchus cf. imperator
時代:中生代白亜紀後期
産地:Tegana Formation, Beega, Morocco

 白亜紀のワニ形類サルコスクスの鱗板骨の化石です。モロッコ産。
 サルコスクスは、白亜紀に生きていたワニ形類です。体長は11〜12mと推測されています。背中には鱗板骨が2列ありました。
 仕入れ元によると、この標本はサルコスクスの鱗板骨とのことです。長方形の形や表面の網目状の盛り上がりがよくわかります。きれいな逸品です。
 長さ約11.2cm。

在庫:
数量: