1. トップ
  2. 商品一覧
  3. その他の化石
  4. 琥珀061

白亜紀の花

46,500円(税込)

セール対象外

琥珀061

琥珀061
  • 琥珀061-1
  • 琥珀061-2
  • 琥珀061-3

種名:Tropidogyne pentaptera
時代:中生代白亜紀
産地:Kachin State, Myanmar

 きれいな花が入った白亜紀の琥珀です。ミャンマー産。
 ミャンマー北部のカチン州からは、約1億年前の白亜紀中ごろの琥珀が産出します。これまで、植物の葉、花、鳥の翼、恐竜の尾などが琥珀の中に保存されているのが発見されています。
 トロピドギネ・ペンタプテラはミャンマーの琥珀の中から発見され、2017年に命名された新種の花です。現在も生きているクノニア科に属すると考えられています。花びらは発見されていませんが、5方向に伸びたがくが特徴です。
 この標本の中にはきれいなトロピドギネ・ペンタプテラが入っています。5方向に伸びたがくやがくの脈がしっかり確認できます。きれいな逸品です。
 琥珀の長径約1cm。