1. トップ
  2. 商品一覧
  3. その他の化石
  4. 腕足類010

へこんだ殻

8,127円(税込)

腕足類010

腕足類010
  • 腕足類010-3
  • 腕足類010-5
  • 腕足類010-1
  • 腕足類010-2
  • 腕足類010-4
  • 腕足類010-6

種名:Leptaena sp.
時代:古生代デボン紀
産地:Holy Cross Mountain, Poland

 きれいな腕足類の化石です。ポーランド産,古生代デボン紀のものです。
 腕足類は2枚の殻をもち,一見すると二枚貝に似た形をしています。しかし二枚貝とは全く別の動物で,二枚貝の殻が体の左右についているのに対し,腕足類の殻は体の腹側と背側についているという違いがあります。
 レプタエナは縁に向かって同心円状に波打った殻をもつ腕足類です。また、腹側の殻が大きく膨らみ、背側の殻がへこんでいるのも特徴です。
 この標本ではその殻の形がよく残っています。波打った凹凸や細かい肋などがはっきり確認できます。また、へこんだ背側の殻の様子もよくわかります。面白い逸品です。
 幅約3cm。

 非常にレアで良質な逸品ですので,お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。