1. トップ
  2. 商品一覧
  3. 植物化石
  4. レピドストロバス005

鱗木の生殖器官

11,800円(税込)

レピドストロバス005

レピドストロバス005
  • レピドストロバス005-3
  • レピドストロバス005-1
  • レピドストロバス005-5

種名:Lepidostrobus sp.
時代:古生代石炭紀後期
産地:Upper Silesia Coal Basin, Poland

 古生代石炭紀に繁栄したシダ植物レピドデンドロンの生殖器官の化石です。アメリカ合衆国ペンシルヴァニア州産,古生代石炭紀のものです。
 レピドデンドロンはびっしりとひし形の凹凸が並んだ幹をもつシダ植物です。この幹が鱗に似ているため,レピドデンドロンは日本語で「リンボク(鱗木)」と呼ばれています。
 この標本は、レピドデンドロンの生殖器官であるレピドストロバスです。レピドストロバスは幹の上に伸びた茎の先端についていました。下側では中心から葉が伸びた内部が、上側では葉で覆われた外側が見えています。面白い逸品です。
 長さ約4.7cm。

 レアで良質な逸品ですので,お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。