1. トップ
  2. 商品一覧
  3. 植物化石
  4. サピンドプシス002

SOLD OUT

34,800円(税込)

セール対象外

サピンドプシス002

サピンドプシス002
  • サピンドプシス002-2
  • サピンドプシス002-1

種名:Sapindopsis anhouryi
時代:中生代白亜紀後期
産地:Sannine Limestone, Nammoura, Lebanon

 きれいな葉の化石です。レバノン産、中生代白亜紀のものです。
 レバノンには約1億年前(白亜紀中ごろ)の石灰岩が分布しています。この石灰岩は非常に保存状態の良い魚化石を産することで有名です。また魚のほかに、エビやヒトデなどの無脊椎動物も素晴らしい保存状態で産出します。この化石の産地であるNammouraからは、裸子植物や初期の被子植物の化石が産出しています。
 サピンドプシスは初期の被子植物の葉と考えられています、複数に分かれた葉が出ている軸の根元に托葉がついています。
 この標本は葉の根元から先端までよく残っています。葉が5枚に分かれているのもしっかり確認できますし、葉の根元には托葉も確認できます。良質な逸品です。
 母岩の幅約27.4cm。

 非常にレアで良質な逸品ですので,お買い上げ後も画像はギャラリーや当店と提携するオフィス ジオパレオントが関与する出版物などで使わせていただきたいと思います。あらかじめご了承ください。

在庫:
数量: