1. トップ
  2. 地質・古生物関連ニュース
  3. 鳥類ニュース

2015年のニュース

ヘスペロルニス類の進化の過程がわかりました。

 ヘスペロルニス類は、約1億1300万年前〜約6600万年前(中生代白亜紀前期の後期〜白亜紀後期)の北半球に棲息していた鳥です。水中を泳いで魚を獲っていたと考えられています。ヘスペロルニス類では体のサイズ、そして水中への適応具合が種によって大きく異なっていました。
 今回初めてヘスペロルニス類の系統が包括的に調べられました。この結果、ヘスペロルニス類は単系統ではあるものの、ヘスペロルニス類に含まれる各グループの関係はこれまで考えられていたよりも複雑らしいということがわかったそうです。また進化するにつれて水中により適応するようになっていったものの、体のサイズはそれとは無関係に変化していたらしいということもわかったそうです。

5/22 Taylor & FrancisA species-level phylogeny of the Cretaceous Hesperornithiformes (Aves: Ornithuromorpha): implications for body size evolution amongst the earliest diving birds. Journal of Systematic Palaeontology

2015/5/31